おすすめ記事

おねしょって?

おねしょってどうしてしてしまうの?

おねしょと夜尿症の違い

おねしょ?夜尿症?何がどう違うの?

おねしょのタイプ

おねしょ、というよりも夜尿症と呼んだほうがいい年齢になったら、やはり病気などが潜んでいると怖いので、専門家のところで検査を受けるといいと思います。

検査で問題なく、ただ機能が追い付いていないだけですよ、となればそれこそ気長に待てばいいですし、もし何らかの病気があれば、対応するお薬なり治療なりを行えばいいのです。

おねしょについて、ちょっと知識を入れておきましょう。

夜尿症には種類があります。

多尿型、膀胱型、混合型の3種類です。

多尿型は夜間の尿量が多く膀胱は正常。

膀胱型は夜間尿量は正常でも膀胱が小さい。

混合型は夜間尿量が多く、膀胱も小さいというものです。

このタイプは夜間膀胱容量を調査することで判断できますが、万が一、稀なことですが、違う病気が隠されていることもありますので、このタイプに関しても、医師にしっかり検査してもらう方が安心です。

膀胱型に至っては、昼間も夜間も膀胱容量が小さいというものと、夜間だけ膀胱容量が小さくなるというタイプがありますので、専門家にしっかり判断してもらう方がいいと思います。

おねしょは本人が一番つらいものです。

年齢が大きくなればなるほど、おねしょの問題はデリケートになります。

医師にみせて安心させてあげるというのもいいかもしれません。


>> おねしょネットTOPへ

Copyright (C) www.betterbagelonline.com. All Rights Reserved.

おねしょネット