おすすめ記事

おねしょって?

おねしょってどうしてしてしまうの?

おねしょと夜尿症の違い

おねしょ?夜尿症?何がどう違うの?

おねしょと夜尿症の違い

よく夜尿症って言葉を聞きます。

最近よく利用される言葉ですが、夜おしっこを寝ながらしてしまうことで、おねしょと意味は変わらないのです。

夜寝ているときに、無意識に排尿してしまうこと、それが、夜尿症やおねしょと呼ばれます。

特に区別して使うことはありません。

一般的には、幼児期、小学校に上がる前までの幼児が無意識に夜間排尿してしまうということはおねしょ。

小学校へ入学し、周りのお子さんのほとんどが、夜おしっこを布団にしてしまうということがなくなる時期におしっこをお布団にしてしまうという場合、夜尿症と呼び名を変えているようです。

通常、小学校入学くらいの年齢になると、膀胱の機能がしっかりしてくるため、何らかの異常があるのかもしれませんし、何か適切な対応をしておいたほうがいいという年齢になるため、夜尿症、「症」の字がつく名前で呼んでいるということです。

でも根本的には、夜寝ているときに無意識のままにおしっこをしてしまうということですから、おねしょと意味が違うということはありません。

使い方の差・・・ということですね。

でも夜尿症と呼ぶ方が、お子さんにとってもママにとってもストレスがないものなのかもしれません。


>> おねしょネットTOPへ

Copyright (C) www.betterbagelonline.com. All Rights Reserved.

おねしょネット